イタリア、ロンバルデイア州在住。日常の様子を日本の友人達へ伝えるDiary。


by naomi**

まさかの盗難?!

週末しかパパがいないので、毎週末は予定が一杯でなかなか息子のための時間を作ってあげることができず、気分転換に大きな公園に連れて行ってあげよう!と思い、重い腰を上げてミラノ市内へ行ってきました。

これが間違いだったのかも・・・と思う出来事がありました。

自宅から大好きな電車の玩具を手放さなかったので持って行きました。自宅から駅までの徒歩、電車の中・・・と、本当に大事そうに持ってた姿がとても可愛くて思わず写真を撮りました。

b0288881_16541033.jpg




駅に到着し久しぶりに見るたくさんの電車に興奮し、ホームから出ることを頑固と拒否!
私も無理やり説得させ、(納得してないけどwww)なんとかホームの外に出ることができたものの、またホームに戻ろうとしてついに癇癪を起こし、その場で寝転がったり、電車の玩具を床に置き私の手を取って他の場所へ行こうとしたり(汗)

玩具を置きっぱなしにすると誰かに持っていかれるよ。と言うものの、何度も繰り返し。。。

最後にはそのまま一人で走って行ったので、思わず息子を追いかけて玩具は放置してしまいました。
息子を捕まえた途端に、またカプリッチ!!!
床に寝転がり「Nooooo!!!」の連発です。

息子を抱きかかえ玩具を取りに戻りたかったものの、妊婦だし昔のようにはなりません。

玩具を放置して1分も立たないうちに玩具の姿はありませんでした。
よく見ると外国人(パキスタン系)の叔父さんが玩具を持ってホームの方へ入っていく姿を見つけたので、追いかけていきたいけど息子は他の方向へ行ったり、見知らぬイタリア人老母が息子に「他の場所に連れて行ってあげるよ、おいで。」と話しかけてる姿を見たり・・・・

苛立ちが募るばかりで、ようやく息子を完全に捕らえ(抱っこです)玩具を返してもらおうと叔父さんを探したときにはもう居ませんでした。

清掃業の制服を着てたので、片付けたのかと初めは思ってましたが、まだ綺麗な玩具だし落し物(忘れ物)として駅に置いてあるかも。と期待しセンターに問い合わせしましたがありませんでした。

ただ、何となく気持ちがムカムカしていて、よく振り返って考えると何故あれほど早く玩具だけ持って行ったのか不思議でした。

その場を掃除してた訳でもなく、よく見ると他のタバコの箱や食べ物の袋等のゴミはそのままでした。

一瞬、何度も息子が玩具を放置してる姿を見てて盗んだのか、、、と思いました。

他のイタリア人の友人やパパに話しても、普通は子供の玩具を奪ったりしないし、即座に無くなるのは考えられない・・・と。ただ、息子のように電車好きの子供持ちだったら盗難も考えられるかも、と。

何よりも原因は息子と私にあるものの、日本で6ヶ月前に購入して一番大好きだった玩具な分、腹立たしさが止まりませんでした。

家族はみんな息子の様子を気にかけてくれましたが、何度も「ママが何度も持っていかれるよ、って言ったのに玩具を置いて行ったのは貴方だから、仕方ないね。他の人が持って行ったよ、帰ってこないよ。」と言い聞かせたので寂しそうでしたが、一度もその玩具を探すことはありません。

日本でプラレールを買ってもイタリアで追加購入できないこともあり、安価のダイソーで買った玩具なので、滑車の部分も壊れており電池を入れても電動できません。強いて言えば高価なものじゃなくて良かった。と考えるようにしました><

b0288881_16561474.jpg

[PR]
by unmiotesoro | 2013-07-02 22:28 | おでかけ